銅管とは?

銅管とは、その名の通り、銅を材料とした管のことをいいます。

銅と言えば、十円玉を想像する人もいると思いますが、抗菌性の高い素材ということもあって、キッチンの流し部分などでも使用されています。

銅管はわたしたちの生活の中では以外と身近なところで使用されているもので、昔から、給湯や空調、水洗便所の配管用に使用されてきました。

銅管は、耐食性が良いので、土壌やコンクリートの中でも、また中を水、湯が通っても腐食や錆の発生が少ないことから配管工事や電気工事などでは多く使用されます。

意外と知られていないことかもしれませんね。

ただし、海外からみると、日本国内で水道用として銅管が使用されるというのは少し遅れた状態であるそうです。

しかし、今後は銅管のメリットも踏まえて、広く普及されていくことでしょう。

銅管には、軟質と硬質のものがあり、銅管の特徴は軽量であること、拡張力が高いこと、加工しやすいこと、可撓性が高いことなどです。

更に住宅などで使用されている銅管は、良く使用されるステンレス管よりもコスト面で良いことがメリットとなります。

銅管はその耐食性の良さという優れた特徴を活かして、今後は様々なところにおいて使用されていくと考えられます。

銅管について、その特質やわからないことについて知るためには、インターネットでの情報収集が効率的でよいでしょう。

銅管の普及活動をしている機関などもある様なので、興味のある人は調べてみると良いでしょう。